天水人BLOG

令和5年度 2級管工事施工管理技術検定の受験記

皆様、おはようございます🌞

6/4(日)は【2級管工事施工管理技術検定】の第一次(前期)が行われました。

9:30と早めに到着しました🙂

試験会場は福岡市城南区にある、福岡大学の10号館でした。

受験番号を見てみると、福岡会場だけで758人もの人が受験されていたようです✏

試験を受けるにあたっての注意事項などが10:15から始まり、試験は10:30からスタートでした。

試験時間は2時間10分で12:40までだったんですが、ほとんどの人が40分ほどで鉛筆を置いていました😀


昨年受験した給水装置工事主任技術者試験では解答用紙の記入が終わったら退室して

試験終了後に再度教室に戻ると試験問題を持って帰れるというシステムだったんですが、

施工管理はそれとは違って、試験問題を持って帰るには途中退室がNGだったんです…。

なので、残った1時間半を使って2周ほど全問解きなおしたり

5回ほどマークシートミスをしていないか見直したり、

当日早起きしていたので途中意識が飛びそうになったり(笑)

そうしているうちに試験終了時刻になり、無事試験問題を持ち帰ることができました✨

今回受験してみた感想は、給水装置工事主任技術者試験より断然難しいと思いました(笑) ※個人の感想です

というのも、令和3年度から受験資格などが見直され、試験問題も改定されたんです。

当然改定後の過去問が令和4年度前期・後期と、令和3年度前期・後期しかなかったんです。

(2級施工管理の試験は前期と後期があり、年に2回チャンスがあります)

そういうこともあり、難易度が高そうだなと試験勉強に入る前から思っていましたが

実際受験してみて3分の1は新しい問題だったので結構焦りました ^^;

そうそう、令和6年度から施工管理の受験資格がまたもや見直されるそうです。

試験問題も変わってくる可能性が大です😭

今年度受験される方々は、来年度さらに難易度が高くなると予想して

【今年度絶対合格!!】を目標に、早めの取り組みをしたほうがいいのかなと思います🐧

私も次は10月22日(日)の2級土木施工管理技術検定第一次(後期)と

11月19日(日)にある2級管工事施工管理技術検定第二次(後期)の準備を進めていきます(^^)/


追記:試験会場の近くにピカピカの城南警察署があったので写真を撮ってきましたー!!

城南警察署が開庁したのは2022年4月1日で、まだ1年と2か月しか経ってないんです✨

なかなか来られない場所なので見られて良かったです(*^^*)

それでは本日も、ご安全に!👷🚧

関連記事

TOP