天水人BLOG

スリット側溝について

皆様、おはようございます。

今回は、太宰府天満宮で参拝したことを投稿した際にチラッと登場した

『スリット側溝』について少し説明させていただきます。

スリット側溝とは、蓋がないので側溝の蓋のガタガタという騒音がなく

雨が降っても最短で側溝の中に雨水が入るので水跳ねのない側溝で、

大きく分けて6種類の型があるんです。

周囲の景観にも馴染みやすいです。

また、安全性も高く、細やかに面をとってあり裸足で歩いてもけがの恐れがありません。

他にはハイヒールのかかとが引っ掛からないよう、自転車のタイヤがはまらないよう、

スリットの幅にも細心の注意が払われています。

皆様もぜひ街で探してみてくださいね🛣

それでは本日も、ご安全に!👷🚧

※随時、技術管理部の仲間を募集してます💫(気になる方はホームからお問い合わせまで!)

関連記事

TOP