水道布設工事

【 メーターまわり特集 】

本日は福岡県内のメーター回りを少しご紹介したいと思います。

●福岡市

φ150

φ100                                φ75

↑の写真たちはすべてメーター回り(メーターBOX)なんです。

よく見かけるメーターBOXと違うと思います。

大きい建物になると配管やメーターも大きくなるのでメーター回りも大きくなります。

φ50

φ40 (メーターブッシング40×13をつけてます。)

φ13 小さく見えますね。

●春日市

春日市はボックス内に伸縮バルブをつけます。

●篠栗町

φ40

●志免町

φ75

●太宰府市

φ50

●大野城市

φ13 (地上式メーターになっています。大野城市はφ13~20は地上式メーターボックスを使用)

メーターボックスやメーター回りは各行政によって異なります。

大型メーターの長さは基本同じなのでボックス内におさまる様にします。

福岡市の場合はボックス内に逆止弁を入れる事が多いので、

ボックスはφ50を使うときはφ100のサイズ、φ75の時はφ150のサイズで施工しています。


私たち、事務員はそれぞれの施工基準を参考にし、役所と協議を重ねて申請書を

作成しています。

都会な福岡県といえども施工基準書がない市町村もあるので、その時がとても困るんです。

なのでこれを見ている役所の方々、

どうか施工基準書を作って~~~~~~(>_<)!!

あとワガママを言えば、施工基準書が平成で止まってるところがあるので

更新してくれ~~~~~~(>_<)今、令和!R・E・I・W・A!

以上、事務員からの願い、願望、要望でした。チャンチャン♪

関連記事

TOP